スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
DominoとTiMidity++をつなげてみた
前の記事で、DominoのMIDI-OUTデバイスをTiMidity++にすると、再生ボタンを押した時にフリーズする、と書きました(再生ボタンさえおさなければ普通に鳴ります)。
それでMIDI-OUTデバイスはYAMAHA XGにしていたんですが、環境のせい?なのかあるいは幻聴なのか?どうも出力される音に雑音が混じる気がします。中くらいの音の時はあまり感じないのですが、ボリュームを大きくするとサーーーというちょっと耳鳴りにも似た音がします。ほんとに耳鳴りかもしれません。嘘です。

まだ初心者以前レベルでこんな事気にしなくてもいいのはわかっているんですが、どうしても気になってしまって。
それでTiMidity++と聞き比べてみると、TiMidity++の方が雑音が無い。
う~ん、何とかDominoでTiMidity++を使えないものか。

と思ったらDTM初心者のFAQ@2chにすばらしすぐるヒントが書いてあるではないか!
中段あたり、ソフトシンセの種類のEXE型というところに、
短所
 MIDIファイルの音を鳴らしたい場合、MIDI York等を使い
 ソフトシンセにMIDI信号を受信させる必要がある。
 その設定が、初心者には分かりづらい。

にゃにー?!MIDI Yokeですと?!
それなら昨日の記事DominoにMIDIキーボードソフトをつなげてみたでやったばかりですよ奥さん!!
という事でさっそくGoogle先生に講義をお願いしてみました。
まずはDomino側。
えーと、MIDI Yokeでつなげ、と言っているのだから、MIDI-OUTデバイスを「Out To MIDI Yoke: 2」にすればいいんだと思います。1はキーボードで使用中だし。

domino_kankyou_midiout3_thu.gif

一方Timidity++なんですが、Timidityをインストールしたフォルダにいろいろな.exeファイルが入っており、どれを起動したらいいのか迷いました。結局いろいろたたいてみて、どうやらtwsyng.exeがソレらしいという事に。起動すると一回タスクトレイに収納されますが、右クリックで「設定」を出し、シンセサイザというタブをクリックしてみると、おーーMIDI Yokeの文字が見える!

しかしそこから先の設定がよくわからなくて、Google先生に聞いてみるものの中々いけずされていいページがみつかりませんでしたが、ここあたりが自分のやりたい事に一番近かったかもしれません。(既にキャッシュ状態なのでいつ消えてしまうかわからりませんが・・・)
このページのずっと下のあたり、「Timidity++との連携」以下を参考に設定してみました。
で、結果ですが、

timidity_settei.gif

はい、「シンセを自動で開始する」にチェックを入れるだけw
あとは、適用→OKと押して行きます。
それからキーボードソフトも立ち上げてやってみましたが、見事、

キーボード→Domino→TiMidity++で連携できました!!

すげええええええええっ。感動:゚(。ノω\。)゚・。

zu3.gif

これで全部ケーブルでつながりましたね(なんでYAMAHAやMSはケーブル必要なくて、TiMidity++は必要なの?という疑問は残りますが・・・)
昔、物理的にケーブルでつないでやっていた事を、今はPCの中だけでやっているんだなぁという事が、何となく実感できてきたような??(笑)

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

【2008/01/04 21:05】 | DTMと闘う日々 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<MIDI-OUTデバイスとDomino定義ファイルを正しく(?)組み合わせてみる | ホーム | DominoにMIDIキーボードソフトをつなげてみた>>
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/05 02:05】 | #[ 編集] | page top↑
コメントありがとうございます!
なるほど内臓済ですか、確かにMSは最初から入っていたのでそうなのかもしれませんが、YAMAHAは後から入れたので??って思っちゃったんですよね^^;あ、ケーブル梱包済のモノを買ったのか、別売りのモノを買ったのかの違い、と思えばいいのかしら?

ツッコミは小出しにですか?なんだか姿の見えないジョーズにじわじわ追い詰められる小船の上の人のような気分ですが(笑)楽しみにしています!

でかける前にコメント見れてよかったです。
行ってきます!
【2008/01/05 15:26】 URL | かんりにん #-[ 編集] | page top↑
はじめまして^^
はじめまして。
ブログタイトルに惹かれてお邪魔させていただきました。

ワタシも、30代後半(いや崖っぷち?^^;)のオバちゃんDTMerです(笑) 親近感がわいてしまってコメントを書かずにいられませんでした^^
MIDI 打ち込み歴は早20年です(汗)
http://players.music-eclub.com/?action=user_song&user_id=47462

とても楽しくて勉強になるブログですね!^^
またお邪魔させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。
【2008/01/10 08:45】 URL | MIZ #j1VZX6us[ 編集] | page top↑
MIZさん、はじめまして。
コメントありがとうございます^^

My Soundの方、さっそくお邪魔させていただきました!あとそこからリンクされていたホームページの方にも・・・
いやいやいや、すっごいですー@@
どうやったらあんなに耳コピできるんですか?!私なんてミクに2小節くらい歌わせるのでいっぱいいっぱいですよ(汗
やっぱり20年くらい耳を鍛えないとだめですかね(苦笑)

MIZさんも30'sとのことで、親近感わきまくりです☆でもMIDIの事は大先輩ですのでいろいろ教えてください!
今後ともよろしくお願いします^^
【2008/01/10 21:15】 URL | かんりにん #-[ 編集] | page top↑
初めまして。通りすがりで失礼します。

既に別の方のコメントで指摘済みかもしれませんが、
「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というのはデバイス名で、
音源の名称は「YAMAHA S-YXG50」と言います。
ということは・・・?
これで、MIDI-OUTの設定が分かりますね。

Dominoの基本的な設定は、こちらのチュートリアルをやっておくと良いですよ。
http://mimikopi.nomaki.jp/midi/000/index.html
関連リンクとかもしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、S-YXG50のアンインストール方法は残念ながら あ り ま せ ん 。
詳しくは「S-YXG50」でググってみて下さい。

ついでに、S-YXG50のレジストリは弄りましたか?
デフォルト(レジストリを弄っていない状態)だとサンプリングレートが22kHzになっているので、雑音が混ざって聞こえるというのはそのせいかもしれません。
もし弄っていなければ、「S-YXG50」でググると見つかるMuse Wikiにパラメータの詳細や変更するツールがあるので、44kHzにしましょう。
発音数も増やしておくと良いです。

それでは。いきなりの長文失礼しました。
【2008/01/13 02:08】 URL | 通りすがり #-[ 編集] | page top↑
通りすがりさん、コメントありがとうございます!
今出先なので残念ながら自分の環境が見れないので(><)、今週末に一度家に帰れそうなので詳しくはその時よく見直します。
とりあえず今の段階でレスさせていただきます。

> 「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というのはデバイス名で、
音源の名称は「YAMAHA S-YXG50」と言います。

デバイス名と音源名の違い・・・う~ん、すみません、いまいちピンときません(TT
確かにDominoでは別々の設定項目になってますが、他の体験版とかでいじったソフトは、たぶんデバイス名(私は「音源名」だと思っていた)を設定するところしかなかったので、Dominoが「デバイス」と「音源」で別れていて戸惑ったんだと思います。
「デバイス」を変更すると音が変わる?
では「音源」の役割は??
あー・・・カオスorz

「初心者になるための耳コピMIDI講座」教えていただいてありがとうございます。
チュートリアル、ざっと見ましたが音源がどうのの前にやる事がいっぱいあったみたいですね(苦笑)まずはそこからがんばります^^;

> ちなみに、S-YXG50のアンインストール方法は残念ながら あ り ま せ ん 。
詳しくは「S-YXG50」でググってみて下さい。

> ついでに、S-YXG50のレジストリは弄りましたか?

アンインストール方法は無いんですかorz
YAMAHAのデバイス名は永久に2つ表示されたままなんですね・・・気持ち悪いですがしょうがないですTT
ちなみにレジストリはいじってないですが、帰ったらよく見てみます。

いろいろ教えていただいてありがとうございました!
週末再チャレンジします!
【2008/01/14 13:17】 URL | かんりにん #-[ 編集] | page top↑
こんばんは。再びの通りすがりです。
またまた長文失礼します。

デバイス名というのは、えーと、例えばプリンター(NECのPICTY)をUSBで繋いでいるとすると、
デバイス名はそのUSBドライバの名前になります。「NEC USB何とか」みたいな。
(例として適当に考えただけなので、実際にそうなのかは分かりません^^;)
でも、「プリンターは何を使っていますか?」と聞かれたらPICTYと答えますよね。
そんな感じです。

あ、そうだ。かんりにんさんの図でずっと謎だった
音源と繋がっている「MIDI IN」が「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というドライバです。
「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というドライバ経由で「S-YXG50」という音源をコントロールしている感じです。

-----------------------------
Key Board
 ↓   MIDI-OUT
MIDI Yoke
 ↓   MIDI-IN
Domino
 ↓   MIDI-OUT
MIDI OUT デバイス (YAMAHA XG WDM ...)
 ↓   MIDI-IN
音源 (YAMAHA S-YXG50)
-----------------------------

こんな感じですね。TiMidityやVSTiの場合は、

-----------------------------
Key Board
 ↓   MIDI-OUT
MIDI Yoke 1
 ↓   MIDI-IN
Domino
 ↓   MIDI-OUT
MIDI OUT デバイス (MIDI Yoke 2)
 ↓   MIDI-IN
TiMidity or VSTi
-----------------------------

こんな感じです。

「これで、MIDI-OUTの設定が分かりますね。」と書いたのは、DominoのMIDI-OUTの「音源」の選択肢に「GSmxg (YAMAHA S-YXG50 + MSGS)」というものがあるからです。
「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer = YAMAHA S-YXG50」ということが分かれば、どれを選べば良いかは一目瞭然になります。

デバイス名2つ表示についてですが、それで正常ですのでご安心下さい。
YAMAHA XG WDM SoftSynthesizerは、オーディオ出力先毎に1個ずつ作られます。
例えば、かんりにんさんがUSBオーディオあたりを購入して繋げると、もう1個増えます。
これはMIDI Yokeのようなもので、同じ音源が2つ入っているわけではなく、S-YXG50に繋がっているMIDIケーブルが2つある、ということです。

本当は、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer (1)、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer (2)、みたいに別物として分かるような名前が付けられているはずなのですが、Windowsのデバイス名として表示出来る文字数に制限があるため、YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer (... みたいに肝心の部分が表示されません。
そのため、「何で同じ物が?」と混乱が生じますが、実は別物なのです。オチとしては、名前が長過ぎるぞ、と。

> 「デバイス」を変更すると音が変わる?
> では「音源」の役割は??

これは、Dominoの名前の付け方が悪いと思うのですが、
「MIDI OUTデバイス」が「MIDI音源」(本とかに書かれている音源はこっち)で、
「音源」は、単にDominoの設定ファイルです。
「音源 → Domino設定ファイル」と置き換えて考えて下さい。
後者は、新規作成時のイベント、CCM(コントロールチェンジマクロ)をダブルクリックした時に表示される一覧、Program Changeをダブルクリックした時の一覧等を変更するためのものです。

音源の機能の使い方は、各音源によって異なります。
専門用語を使うと、CC・RPN・NRPNの有効な値、
SysEx(システム エクスクルーシブ)のアドレス、
楽器の選択のしかた等が各音源によって異なります。
で、Domino設定ファイルをそれぞれの音源用に作られたものに設定することで、例えば、MSGS(Microsoft GS Wavetable...)では使えない不要なイベントが一覧に表示されないようになります。
各音源に合わせた設定ファイルを使用することで、作成しやすくなるわけです。

ということで、DominoのMIDI-OUTの「音源」はその音源用にカスタマイズされた設定ファイルの選択という意味で、DTM用語事典に載っているような音源とは異なります。

長々と書きましたが・・・あんまり分かりやすくもないですね^^;
今回はこの辺りで失礼します。
【2008/01/15 04:50】 URL | 通りすがり #z7XDr28E[ 編集] | page top↑
通りすがりさん、こんばんは^^
再びコメントありがとうございます!
ものすごく丁寧でわかりやすくて、感動しましたーToT

> 音源と繋がっている「MIDI IN」が「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というドライバです。
「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というドライバ経由で「S-YXG50」という音源をコントロールしている感じです。

「YAMAHA XG WDM SoftSynthesizer」というのは、TiMidity++とつないでいるMIDI Yoke2と同じく「電源コードの名前」みたいなものなんですね。
デバイスと音源の違いがやっとわかって、やスッキリしました(笑)

> デバイス名2つ表示についてですが、それで正常ですのでご安心下さい。
YAMAHA XG WDM SoftSynthesizerは、オーディオ出力先毎に1個ずつ作られます。
例えば、かんりにんさんがUSBオーディオあたりを購入して繋げると、もう1個増えます。

おーーなんと!これで正常だったんですね。
そういえば片方は最後に「(」が見えてるのは気になっていたんですけど、まさか(2)とか(3)とかが隠れて見えなくなっていたとは。確かに長すぎますね(笑)
オーディオ出力先毎に1個というと、う~ん、USB接続のヘッドホンなら使っていますが、そのせいで1個増えちゃったんでしょうか?
何にせよインストールに失敗したんじゃなくて良かったです。こちらもスッキリしました(笑)

> これは、Dominoの名前の付け方が悪いと思うのですが、
「MIDI OUTデバイス」が「MIDI音源」(本とかに書かれている音源はこっち)で、
「音源」は、単にDominoの設定ファイルです。

一般的にはMIDI OUTデバイスの事を「音源」と呼ぶのは間違いなかったようで、安心しました。だいぶ混乱がおさまってきました(笑)
まだちらっと見たぐらいですが、Dominoでいうところの音源設定ファイルを変えるとイベント欄に表示されるイロイロ細かいのが変わってましたね。そのソレゾレが何なのかはまだ全く謎ですが(泣)、

> Domino設定ファイルをそれぞれの音源用に作られたものに設定することで、例えば、MSGS(Microsoft GS Wavetable...)では使えない不要なイベントが一覧に表示されないようになります。

これは素晴らしい機能のように思います!特にひとつひとつが何なのか全くわかからない人にとっては、余計なものは一つでも少ない方がいいですしね(汗

なんだかこんな辺境のブログに載せておくだけではもったいないような素晴らしいコメントです><できればこのままあちこちにコピペしたいくらいです。
本当にどうもありがとうございましたm(__)m
【2008/01/16 21:55】 URL | かんりにん #-[ 編集] | page top↑
がんばってください!自分もdominoで苦労しましたw
【2008/07/29 00:05】 URL | #-[ 編集] | page top↑
こんばんは^^
応援ありがとうございましたw
色々うまくいかない事も多いですが、これからも精進します^^;
【2008/07/30 01:25】 URL | かんりにん #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://punyuoba.blog4.fc2.com/tb.php/16-4e76ea90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。